ペニンシュラ型

~私とあなたの不可避な壁~

FGO中国版三周年リアイベ(Fate/Grand Order EXPO Shanghai 2019)に行きました

f:id:rivfi:20190903013254j:plain
というわけでタイトル通り、FGO中国簡体字版の三周年記念イベントに行ってまいりました。
元々自分がFGOを始めたのは結構遅めで(日本版でらっきょイベント復刻くらい)、せっかく中国に来たのだから日中どちらでも人気のある作品に触れて中国での話題をキャッチアップできたら面白いかなーと思ったからでした。多分これがなかったら今更だから良いかなで触らなかったかもと思います。
そんな経緯もあり、今回のイベントは上海にいるのならぜひ行っておきたいイベントということでチケットも早めに押さえて予定を空けて楽しみにしていたのでした。(仕事でいけない疑惑もあったけどなんとかなってよかった)

イベント概要としては公式ページ(日本からつなぐと時間かかるかも)や、ファミ通のレポート記事を読んでいただければわかると思うので、そちらで掲載されていない情報とかを中心に触れていければなーと思います。読めなくても漢字で何となく意味が分かる気がするのが中国語のいいところ。
game.bilibili.com
www.famitsu.com



f:id:rivfi:20190902215651j:plain:left:w200
というわけでチケット情報から。中国版アプリの配信はビリビリ動画から、ということでビリビリの視聴アプリから購入しました。
最近こちらの興行系イベントはチケット購入が徐々に厳しくなってきており、このイベントもチケット購入に中国国籍の身分証の番号が必須ということで焦りましたが、私はどうにかこちらの友達にお願いして購入できました。
そういえばカノウDやキャストの方などのトークやライブのある土曜夜の部はさらに入場時の身分証チェック必須とのことで外国人は購入できず諦め……る間もなく一瞬で売り切れていました。
紙チケットはなく電子チケットのみ発行で入場時にこのバーコードを読み込んでもらう形。日本のリアイベも似たような形式と聞いた覚えがありますが、参加したことがないので分からず……


イベント会場は国家会展中心という大きな展示場の一角。中国版コミケと言われるCOMICUPもここ数回はこの会場で行われています。
f:id:rivfi:20190902222143j:plain:w170 f:id:rivfi:20190902222135j:plain:w170 f:id:rivfi:20190902222052j:plain:w170

会場棟へのナビゲートとしてフォウくんシルエットが。更新直後でフォウくん動かないということもなくちゃんと走ってくれているのが芸コマ。
入場待機列を進んでいくとSTAR影法師さんの描いたイベントイラストがでっかく!自撮りぐだーずがかわいい。
f:id:rivfi:20190902223500j:plain:w220  f:id:rivfi:20190902230215j:plain:w300
STAR影法師さんはこちらでも人気があって特に最近は日本原作もので中国限定絵柄を出したい場合にはほぼ必ず起用されているイメージ。私もCOMICUPで頒布買いに並びました。リヨさんのまんわかキャラもこちらで人気で順番守って並んでねの看板に。

上述のバーコード入場を済ませて会場に入るとまずこれがどーんで力が入っていることがわかる
f:id:rivfi:20190902230914j:plain
これの写真はファミ通記事にもあったのでついったーにあげた動画を貼ってみます



入口からちょっと見えてるシャドウボーダーに目を奪われそうになるのですが、手前にはサーヴァントキャラスタンドの立った宝具フォトスタンドが。
f:id:rivfi:20190902232054j:plain
こちらの人はレイヤーさんやこういったキャラスタンドと一緒に自撮りすることに日本人より抵抗がない様でこういうアトラクション?はよく見るのですが、なにしろ規模が大きいし、力が入っている。宝具模型が持てたりして自撮りしなくても触ってて楽しい。(エアは発光モードもあったのだけどうまく写真が撮れずぐぬぬ
f:id:rivfi:20190902232432j:plain:w170 f:id:rivfi:20190902232514j:plain:w170 f:id:rivfi:20190902232505j:plain:w170
f:id:rivfi:20190902232754j:plain
f:id:rivfi:20190903002602j:plain
f:id:rivfi:20190903002614j:plain
中国版は先日二部二章が配信されたばかりなので、マイルームがボーダー仕様。

そしてデカものオブジェのシャドウボーダー、空想樹、ツァーリ
こっちは興行の規制が厳しい関係かリヨキャラ着ぐるみの素行もおとなしい。あと多分顔つき違う気がするので中国用に中国で作ったんじゃないかしら。
f:id:rivfi:20190902233048j:plain
f:id:rivfi:20190902233059j:plain
f:id:rivfi:20190902233106j:plain


こちらのFGOが参加しているイベントでよくある召喚というかガチャスペース。中国FGO展示の風物詩といってもよい。
f:id:rivfi:20190902233308j:plain
f:id:rivfi:20190902233354j:plain:w170 f:id:rivfi:20190902233445j:plain:w170 f:id:rivfi:20190902233427j:plain:w170
f:id:rivfi:20190902233909j:plain
現時点で中国版に実装されている概念礼装とスカスカ様までのサーヴァント霊基画像がびっしり
特に今回は霊基に囲まれているのでチャンスがあったのかも?私は水着PU2とマーリンに絞られたので引く余裕はありませんでした。


ファミ通記事でも紹介されているものはざざっと。
上海版サーヴァントと巡る世界展。アステリオスくんかわいい
f:id:rivfi:20190902234254j:plain:w170 f:id:rivfi:20190902234318j:plain:w170
上海外灘(わいたん)に本当にある道の名前だったけどさすがにこんな服装の人たちいないよなー、あ、アルテラさんみたいな恰好でランニングしてる人はいるかも……?
f:id:rivfi:20190902234558j:plain


FGOミュージアムブースのリアル宝具展示やアニメCM資料。
f:id:rivfi:20190903010624j:plain
f:id:rivfi:20190903010845j:plain
来年はリップの水着をお願いいたします。サンタでもいいです。
裏にはユーザーIDを書いてフレンド増やそう的企画が。アニプレソニー傘下だからかこの大きい画面はXperia touch出力なんですよと宣伝されていたりもした。
f:id:rivfi:20190903011731j:plain



謎縁日。フォウくんを祀っていけ。
f:id:rivfi:20190902235129j:plain
f:id:rivfi:20190902235133j:plain
ファミ通記事でも紹介されていた出店コーナーですが、全部説明するのはめんどうなので笑、パンフ画像で割愛。一番右のCARNIVALの項目が各出店です。
f:id:rivfi:20190902235306j:plain
ステラー!!!しながら的当てするゲームが一番人気だった気がする。(叫んでいる人はさすがに見かけなかった)
f:id:rivfi:20190903000557j:plain
f:id:rivfi:20190903000607j:plain
実はそれぞれのブースによっては、当たったらお菓子やfateフィギュアがもらえるコーナーや各ブースに参加したら押してもらえるマナプリスタンプラリーがあったりしました。切り離し前の写真を撮り忘れていたのだけど、参加した成果や場所によって緑のマナプリスタンプやレアプリスタンプを押してもらえて(緑と黄色のインクの痕跡が分るでしょうか?)、別ブースの交換所に持っていくと色々グッズがもらえるシステム。そういえばレアプリスタンプもらうためのクイズとしてこのイラストのどこかに孔明がいるよ、探してみようってのもありましたね。
f:id:rivfi:20190902235510j:plain:w200 f:id:rivfi:20190903124106j:plain:w180 f:id:rivfi:20190902235748j:plain:w170
私も集めて、こちらのポストカードとマウスパッドをもらいました。
左上の一回り小さいものはこのマナプリ交換所近くで配布されていたFGO仕様の冷えピタシートでした。会場は冷房が効いていたとはいえ、夏の上海ですし熱中症対策なのか無料でじゃんじゃん配布されていました。


無料配布といえば、このリアイベ、福利厚生?が充実しており、wechat(中国のLINE的なアプリ)で協賛企業のアカウントをフォローすれば水とかカップ麺とかアイスなどをもらうことが出来、隣の正直お高めのフードコートのお世話にならずとも空腹を満たせるありがたい感じに。カップ麺は酸辣(さんらー)味だったので辛くてむせました。
f:id:rivfi:20190903001101j:plain:w180 f:id:rivfi:20190903001122j:plain:w180
ラーメンといえばファミ通記事末尾にあった入場配布物のラーメンはこのカップ麺で協賛してくれているメーカーのもので味は数種類あって何がもらえるかはランダムなのでした。私は普通の豚骨だったのでちょっと安心。ファミ通記事のトマト豚骨はこちらだとわりとメジャーで、中国進出してる丸亀製麺でもメニューにあったりします。閑話休題


で、無料ばっかりお世話になっても申し訳ないので飲み物とか買ってみました。フードコート前に鎮座するぐだぐだノッブアンド沖田さん。これ多分先日あったゲームイベントのCHINA JOY出展の時の使いまわしだしその辺もぐだぐだしとるのぅ。
f:id:rivfi:20190903001930j:plain
f:id:rivfi:20190903001944j:plain:w170 f:id:rivfi:20190903001954j:plain:w170 f:id:rivfi:20190903002032j:plain:w200
飲食販売物にはコラボカフェでよくあるコースターとミニアクリルスタンドがランダムでもらえました。右上のスカスカ様は入場者配布のICカードステッカー。
そういえばスカスカ様の中国での通称にCBAってのがあるらしく、由来を調べるとCasterの方のBABA(槍師匠)だからってひっどいなおい笑
ちょうど中国版では、スカスカピックアップ中ということでステージで行われていたガチャ生配信でCBAコールが起きたりしていました。
一応発音がセイバーに近くて言いやすいというのもあるらしいですが、メイヴちゃんが聞いたらキレそうな理由です。


個人的にそう来たかと思ったのが、中華芸術ブース。FGOというかカルデアをテーマに中国芸術を作ってみたらというコンセプトなんですけど、これすごくいい企画だと思います。なぜそう思ったかというと、中国のFGOファンも日本版の情報はチェックしますから次はまさに中国が舞台のSINである、ということは周知なわけなんですよね。
f:id:rivfi:20190903003014j:plain
f:id:rivfi:20190903003804j:plain
ただやっぱり言葉の問題があって細かいところまでは今の段階だとなかなかストーリーの内容は把握できていないし、実際に出てくる敵、異聞帯の王は国内でめちゃくちゃ人気の高い始皇帝です。本実装時の内容への賛否に関しては中国ユーザー間でものすごい激論が交わされることになるのは想像に難くないわけですけど、その実装前のこのタイミングに中国が生み育てた芸術、”儒”をリアイベで押し出してくるんですよ!!
f:id:rivfi:20190903005803j:plain:left:w170
二部二章プレイ済みの方は”儒”の扱いがどうだったかご存じかと思いますが、この展示は、実際に色々な歴史のあったこの国の、中国の”儒”をしっかりと肯定している企画です。プレイした後のストーリーへの思いは色々あるだろうけども、でも”儒”のすばらしさ、楽しさはきっと君も理解しているよね、というメッセージがある、とまで考えるのは深読みのしすぎでしょうか。FGOというかゲームももちろん儒の一端です。
そういった私の妄想はともかく、日本でのリアイベでは決して真似できないこちらならではの本当に良いブースだったのは確かだと思います。
左写真は名台詞や宝具口上を中国書家が書く企画。漢字発祥の国として蒼喬さんには負けられない、的な?
f:id:rivfi:20190903005834j:plain
始皇帝と中国ブースの写真は撮りたかったのでこれで個人的目標はクリアできて満足。


というわけで楽しめた良いイベントでした。上にも書きましたが日本のリアイベの参加経験がないので、帰国したら比較のためにもチャレンジしたいですね。

はてダがさようならということで移行ついでに近況など(あと上海の即売会とか)

長らく眠りについていましたが、タイトル通りはてダがとうとうさようなら、ということで移行くらいはしようかな、と思って久々に開いたら移行機能かけこみでとまってやんの


とりあえずはてブロは作ってたことがあったので機能復旧したらそちらに移行しようかな、と思います。
良い機会なので近況など簡単に書こうかなーと。ついったやハイクとかがあるとそういうのを書いてしまって満足してしまってよくないですね。
何してるかというと今は仕事の都合で上海にいます。それこそここに書くネタとかいっぱいあろうにもったいなかったかも。
海外とはいえ良い時代になったもので配信サイトや電子書籍で日本のアニメ、漫画とかはオフィシャルな経路で結構見れていてそれほど不便していない感じ。
むしろ、ビリビリ動画での配信なんかは東京キー局放送に合わせて更新されるので関西に住んでいたころより早いであろうタイミングで最新話が見れることもあったり。
少し前になりますがポプテピピックなんかはビリビリで配信されていたので中国のアニメファンの反応がコメントでうかがい知れてそれはそれで楽しかったりもしました。


先週はちょうどCOMICUP SPという同人イベントが行われたので参加していました。せっかくこちらにいるのでいわゆるオタクイベント関連参加できるだけ参加しておきたいな、という感じです。
中国のそういうイベントで言うとCOMICUPというのが5月と12月にあって規模としてもまさに中国版コミケという感じみたいでそちらにも参加しましたが、日本のイベントにも引けを取らないと思う(インテというかスーパーコミックシティには何回か参加してるけど肝心のコミケ行ったことないので安易に比較できない)
このCOMICUPSPは名前の通りその番外編みたいな感じで毎年夏に規模感でいうとコミケットSPみたいな感じで行われてるみたい。地方の中小規模即売会みたいな感じでちょっとホーム感がありました。
 
会場で配ってたカタログがフルカラーで驚いたり、入場チケット電子版があってスマホに表示したQRコードで入場したりで面白い

これは去年の12月のマップの一部だけど日本コンテンツだとFGOとかヒロアカが強い感じ。
どうしても二次創作系の写真撮るの良いのかなってなっちゃって貼ってないけどブース回ってる感じは日本とほんとかわんない。
ただ同人誌で漫画を描くよりはイラスト集が多いのがこちらの二次創作の傾向かなーっていうのはあります。コスプレとかは日本と変わんないというか参加者層が若い分敷居が低いのがよく見るかも。
下のはビリビリ公式(中国版配信元はビリビリ)のレイヤーさんだけど、日本と職業意識が違うので普通に自分用の自撮り確認しあっていて、不意打ちの攻撃をやめろとなったやつです。


そんな感じでなんとかやってるし、松本理がどうとか色々追いたいこととかもあるのではてブロ移行はしっかりやりたいところ。
ではでは。

『血界戦線 & BEYOND』に松本理恵が残したもの

注 この記事は血界アニメ二期の感想エントリではありません。タイトル通り松本監督ファンの勝手な妄想を煮凝めたものです。


というわけで『血界戦線 & BEYOND』の放送も終わりまして、巧いことブラックの登場シーンを作って動機に繋げて一期の話があった前提で妖眼幻視行をやったらどうするかという形に綺麗に繋げてくれていて一期のファンでもある自分は嬉しかったです。
ある意味で原作のこのエピソードはヘルサレムズロットという街でレオがどの様に過ごしどの様に絆を紡いできたかを示すお話でもあったかと思っているのでそういう意味でも絶望王の件があったのならばそれがどこかで絡んでくるのは自然なことでもあるのかな、と。


ただ、仮に、仮にですよ、単なる妄想ですけど、松本理恵がこの話をアニメ化していたとするならば果たしてブラック、ホワイトを入れ込んできたかというと実は結構微妙じゃないか、と思ってしまうんですね。
そりゃ色々あったなかで明確に一期のお話と地続きであることを示してくれるのは嬉しいことではあるんだけども、尺という松本監督の天敵を相手にしたときに、(一応)本人をして描ききったと言ったとされる一期の話を無理に持ち出して来るかと言ったらそうじゃない気がするんですよ。
アニメオリジナルキャラクターである、ホワイト、ブラックというのは血界戦線という作品においてもうひとつのレオ、ミシェーラの姿でもあり、松本監督が思う『トライガン』の意匠でもあった。抗えない事象に大切な人とぶつかった時、その後、どうするのか。
その答えとして「光に向かって一歩でも進もうとしている限り」希望がある、ただそれはめちゃくちゃしんどいというのをクラウスもレオも私たちも知っている、でもそれでも生きていく、というのが血界戦線というお話だと思うのです。
そしてその中でレオナルド・ウォッチという人物がどういったキャラクターであり、加えてレオ、ミシェーラの兄妹がどう行動するかというのが妖眼幻視行というお話の肝であって、そこに敢えて(描ききったと言わしめるような)既にどの様に生きていくか選択を終えたブラック、ホワイト兄妹を挿入する必要はない様に思うのです。
そして、レオはずっと敗北し続けずに立ち続けているからこそ、もう一度何らかの形でクラウスは彼に自分の印象を語らせてしまうのも自然だと思うのです。


なぜその様に思ってしまうかというと理由があって、松本監督はアニメ一期のラストシークエンスの一幕、ミシェーラが湖を見ているシーンでこっそりトビーを写りこませているんですよね。
今回、アニメとしてこのエピソードを見て誰かに連れてきて貰わないと見ることができない、というやり取りが原作よりも印象深く自分には思えたんですが、これは確実に一期の時にこれを仕込んでいたからだと思います。
この追加があるからこそ二期をやる意志を感じられたし、ミシェーラが大事に思い、思われてる人がいることが分かる。あの数秒で、セリフなしで。
これはすごいことだと思う。
それだけミシェーラのことも掘り下げるつもりだっただろう*1し、二期も作りたかっただろうな、というのを勝手に想像してしまっていたのですよ。そういう意味でEDで世界観を統括してくれていたのは救われた気分になりました。
巨人回なんかは巨大感の演出の意図が明らかにEdと本編のそれと違って見たかったなあと思ったりもしたんですが、湖に来て云々のシーンをしっかり二期で時間をとって作劇出来たのはあの一期最後の数秒があってこそだなぁ、と。
やはり関わってくれていて良いものを見せてくれてありがたいなあと思った訳です。
ほんの短い、些細な画で、お話の印象を決める、松本監督、あなたはすごいです。


ひとまず今回はあなたの作る血界戦線を見ることはできなかったけれども次の作品をとても楽しみに待っています。

*1:多分、松本監督ならブラックジョークは全部残したような気がする

『血界戦線 & BEYOND』EDに寄せて 二年の半歩分


おっかなびっくり一話を見ていた『血界戦線 & BEYOND』。
監督が変わって少し不安を感じつつ見ていて、思ったよりも一期の時から雰囲気が変わらずできていて、
原作も好きだから安心しつつも、どうしてもテンポ感とか雰囲気の違いを寂しく感じてしまったりしていて。
元々二期発表あった時からちょっとだけ期待と大きく願望はあったんですよね。



だって事前に今回の主題歌の曲が公式ついったとかで出てきたときどうしても思ったでしょう!
これ曲に合わせてアニメ画面つくってくるの絶対めちゃくちゃ難度高いよって!!
でもだからこそ思ったのです。これを松本理恵が料理してきたものを見たいって。
絶対すごいものを出してくるって。


自分は松本理恵という演出家の画面のリズム感や刻み方がめちゃくちゃ好きで、
今でも初めて見た『映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー…ですか!?』のOPが流れている時の感覚が忘れられません。
あぁすごいものを見てしまっている、というのをあんなにしみじみ思ったのは後にも先にもありません。
そこからできる限り彼女の作品は追いかけて、自分も好きな原作を監督することになって。
そしてとても良いものを作ってくれた。
しばらく作品を出すことがなかったようだけど、次が見られれば嬉しいと思っていました。
待った甲斐があったものが出てきてくれました。


曲のリズムにしっかり合わせて画面情報を刻んできて、心地よい。
おそらくこれはプロデュース的な面でしょうけど、EDの中に今回やるであろう原作の話の要素を散りばめて松本監督が統括することで一期から地続きの空気をフォローする意味合いも多少あるんじゃないかとか、
ついでに血界戦線はレオたちの話だけではなくてヘルサレムズ・ロットという街の話だよというのをしれっと示す。*1
で、おそらくお遊びとして同時期の同じく二期目の作品である六つ子の原作(くん)のパロディ入れて負けないよ、みたいな
これが見れて良かったなあと。やっぱり自分はこの人の作るアニメが好きなんですよ。



今回の血界EDに入るまでのカメラの動きでスティーブンの横にしれっと写真があるんですけど
これ劇中は元ネタ通りLOVEなんですけどここでHOPEに変わってるんですよね。
愛から希望へ。
約二年(レストラン回OVAはあるけれど)の間があって松本監督の次への半歩。
しかと見ました。次の一歩もまた信じて待ちます。ありがとうございます。

*1:そしてヘルサレムズ・ロットはホワイトでもある

とても楽しみではあるのだけれど


だからこそ
和月先生は安易な「ファンサービス」に気を取られないでほしい
たとえばあそこでその見せ場は必要だったろうか
もしかしたら今後描く機会がないやもしれぬ火産霊神はまだ理解できる
でも今回のは違うと思う
もっと自分の描いた物語とキャラクターを信じてほしい
せっかく話を閉じるに当たって作った設定もある、自らの幸せの価値を知った経緯もある、
あそこでその見せ場を作らなくても納得のできるキャラクターの核が既にある


今回でいえば禁じているからこそ、解禁された時の大きなカタルシスというものもあったと思う
これからをとても楽しみにしているからこそ
直近の反応を気にするのでなく自分の作る作品を信じて描いてほしい
とめちゃくちゃ勝手なことを思いました

呪いをかけるのに大袈裟な道具などは必要ないのだけれどこんなレプリカはいらないのだけれど


久々に何か書いたのでついでにちょっと書き散らしておくと、
本当に俺がいるのあの呪いは素晴らしかった、今期位置の呪術系アニメです
反応見ると結構みんなあれを呪いと認識していて呪い実在論者としては嬉しい限りです


あと俺がいるというと、自分は世の中にはネタバレを知っていると楽しめる作品もあると信じているのですが、俺がいるはそのパターンでしてガンガンネタバレ踏みに行ってるのですが、どうしてあんなことになるのかすごい楽しみです。
こっちの地域だと今日深夜最終回放送です

アニメ血界戦線最終話延期に寄せて 松本監督と尺のこと

めっちゃ楽しみにしてた血界戦線最終話が放送延期だそうです。
番組編成の都合で放送延期と聞いてぐぬぬっていたけど、更に待つことになるとのことで正直しんどいです。


でもね、松本理恵監督作品をある程度追ってきたような感じがする自分としてはですね、別の感慨もあるわけです。
公式サイトの文面を丸ごと信用するか、という意見もあるでしょう、自分は信用します。
四年前、松本理恵監督の初オリジナル監督作品となった『京騒戯画』第一弾、そのお披露目の場となった上映会の会場で彼女が言った一言が忘れられないからです。


「やっぱ尺が足んねぇな」


決められた枠の中に作品を収めることも当然、プロの仕事ではあるでしょう、ただ何かを表現することにおいてそれをある枠の中に抑え込んでしまってしまうのはとてももったいないことでもあると思うのです。
事実、『京騒戯画』は実際に尺が足りませんでした。細かい設定変更の残滓の様なものも見受けられますが、その後ノテレビシリーズで描かれた物語のエッセンスのほとんどがあの25分のPV、あるいは初報の5分PVに詰まっていました。
あの尺が足んねえな、は本当に監督の中で拘泥するところがあったのでしょう、キャストやお偉いさんもみんなよく分かんないけど、すごいという様な事ばかり言っていました。一つ一つのカットに意味は確かにあるけれども、意味がありそうなことは伝わるけれども、それがなんなのかをしっかりと示す時間はない。
実際、あの25分で示された物語の、ひとまずの全容を描くのには1クールの枠が必要となりました。


監督が尺が足んねえな、と思っていた作品があって、ここにその作品をもっと見たいな、と思った視聴者がいて、監督の実力やらなにやらがかみあって、尺が得られた。最終的に物語の幕をしっかり閉じる、最後まで見届けることが出来る、機会が得られた。これはとてもすごいことです、幸運なことです。


そんな監督が、今度は監督自身も大ファンなマンガ作品のアニメをてがけることとなりました。キャストなんかもオーディションなしで監督のイメージで決めた、という話も色んなインタビューなどで度々出てきます。
めっちゃ力が入ります。原作の魅力、各スタッフの手腕、準備に許された時間、これまた色んなものが噛み合って大人気と言える作品になりました。


私もめっちゃ楽しんで見ました。一目で監督のものと分かるカット割り、キャラデザついてるはずなのにコトの笑顔にしか見えないホワイトの笑顔、松本の理恵ちゃん釘宮の理恵ちゃん好きすぎる*1、松本監督家族の絆とかそう言うの好きすぎる、とかとか。
11話なんか、すごいな、と思いましたよ。このご時世、人気原作物にオリジナルぶっこむってことがまず冒険ですよ。それが分かってるのに、あの構成にするってのは、なんというか視聴者を信じていないと出来ないと自分は思いますもの。こちらを信じてくれている、と自分は視聴後思いましたもの。
11話だけで引っ張ってきても、あの内藤キャラにしか見えない両親であるとか、トライガンネタじゃねーかこの双子!であるとか、このアニメは視聴者に対する「あなたたち、内藤作品が好きでしょう?そうでしょう、僕も大好きだ!」「ホワイトちゃん、かわいいでしょう?私もそう思う!」という気持ちがあふれ出ていた作品だった様に思うのです。
そんな内藤作品(あるいはそのテイスト)が好きだったり、ホワイトちゃんかわいいと思っていてくれてたりする人は絶対にこのラスト一話前をやったなら、ついてきてくれる、そういう自信や視聴者への信頼をフルにフックとして使った30分だったと思うのです。


さて、そんな風に視聴者を信じ、自分たちの作っている作品を信じ、という状況で作っているものです、どうにかあの「トータスナイト」にまで歩を繋げたい中でつくっているものです、またあの壁が立ちふさがってきたわけです。
でもね、今度は自分たちがやってきたことでついた人気や運や巡り合わせで、作品をお出しした後であの一言を言う、という辛い経験をしなくてもよくなったのです。
今度はお出しする前に、「やっぱり、尺が足りない!」と言える様になったわけです。その一言が受け入れられる状況ができたわけです。
それが商品である映像作品を出す者として本当に良いことなのかは分かりません。
でも、よしじゃあ待ってやろう、お前のベストが見たいんだ、信じてくれたんだから信じてやろうって視聴者が少なくともここにいます。

*1:件の京騒発表会でも釘宮さんのことべた褒めしてた